【海のはじまり】名言集全話まとめ!話題の名シーンもご紹介! | ゆりかごブログ

【海のはじまり】名言集全話まとめ!話題の名シーンもご紹介!

※本サイトはアフェリエイト広告を利用しています。
広告

2024年7月1日より放送された目黒蓮さん主演のドラマ「海のはじまり」。

2022年に社会現象を起こした「silent」チームが制作したことで話題を集めていますが、

脚本家の生方美久さんによる登場人物のセリフが「深い」「考えさせられる」と反響を呼んでいます。

今回は、「海のはじまり」での名言や名シーンを全話ご紹介していきます。

広告
広告

【海のはじまり】名言集全話まとめ!

”親と子”の繋がりをテーマにした「海のはじまり」。

人は、いつどのように“父”になり、いつどのように“母”になるのか。

今の時代だからこそ伝えたい人と人との間に生まれる愛と、そして家族の物語を丁寧に描いている作品です。

第1話

海のはじまり 第1話
引用:X

海がどこから始まってるか知りたいの?

海がどこから始まってるか知りたいの?ー水季

終わりはあそこ?ー海

水平線ね、あれは終わりじゃない。終わりに見えるだけであの先もずーっと海。ー水季

冒頭のシーンです。

まさしくこのドラマのタイトルを表したようなセリフですね。

始まりと終わりを知りたがる海。終わりがないことを教えてもらうと、安心したのか鼻歌を歌いながら歩き出しました。

「いるから大丈夫。行きたい方行きな。」という水季の言葉も、この先の未来を思っての言葉だったのではないでしょうか。

人に合わせられるのすごいことですよ

人に合わせられるのすごいことですよ?ー水季

いや意思がないっていうか自分がないっていうか・・・。ー夏

自分より他人こと考えちゃうだけでしょ。いいことですよ。ー水季

周りに合わせて、興味のないところでも人についていく夏に対して、水季が言った言葉です。

反対に人に合わせるのが苦手でマイペースに暮らす水季は、夏を尊敬すると伝えました。

波風を立てないように、周りに配慮して過ごしている人も多いですが、「決して悪いことではない」「自分より他人を考える優しい考え」であるということを伝えたかったのかもしれません。

広告

自分で自分の選択肢狭めんな

他のあらゆる可能性から目をそらすな。

自分で自分の選択肢狭めんな。ー水季

夏に5種類の動物から好きな動物を聞いた後、その選択肢にはない答えを言う水季。

「選択肢になかったよね?」という夏に対して伝えた言葉です。

脚本家の生方美久さんは、1話に限らず「選ぶ」「選択」「選択肢」というワードに注目してほしいと語っています。

「海のはじまり」というタイトルの意味合いを1話のファーストシーンとラストシーンですでに描き始めているので、考えながら感じ取りながら観ていただけるとうれしいです。

1話に限らず、「選ぶ」「選択」「選択肢」といったワードには注目していただきたいです。

GINGER

夏のように周りに合わせて、流されて生きていると思っていても、そうなるよう選んでいるのも自分なんですね。

人生は選択肢の連続です。私たちは無意識に他の可能性から目を逸らし、そこにある選択肢の中からしか選べなくなってきているのかもしれません。

自分で自分の選択肢を狭めないでほしい」という言葉は、私たち視聴者にも伝えたかった言葉なのではないでしょうか。

夏君はおろすことも産むことも出来ないんだよ

夏君はおろすことも産むことも出来ないんだよ。私が決めていいでしょ?ー水季

妊娠していることが分かり、中絶することを選んで決めた水季。

他の選択肢はないのか問いかける夏に対して言った言葉です。

男性は女性にこう言われてしまったら、何も言えなくなってしまうセリフです。

この言葉には、「ぐっさり来るけど正論だ・・」「何も言えない」と言葉の深さに反応する人が多くいたようです。

広告

妊娠も出産もしないで父親になれちゃうんだから

男の人は隠されたら知りようがないですものね。

妊娠も出産もしないで父親になれちゃうんだから。ー朱音

夏が海の父親であることを告げた水季の母・朱音。

戸惑いを隠せない夏に冷たく言い放った言葉です。

水季の決断により、何も知らずに7年間生きてきた夏に対して、母である朱音は色々と思うところがあったのでしょう。

夏君はおろすことも産むことも出来ないんだよ」と言った水季とリンクして、やはりどこか親子似ている部分を感じます。

「この7年の水季のこと想像はしてください」と感情を抑えながら放つ大竹しのぶさんの演技が圧巻でした。

夏君のパパはいつ始まるの?

死んだらどうなるかは分かんないけど・・・。

水季お母さんじゃなくなるわけじゃないから、終わったんじゃないよ。ー夏

夏君は?夏君は海のパパでしょ?

夏君のパパはいつ始まるの?ー海

第1話のラストシーンです。

冒頭の「海がどこから始まってるか知りたいの?」とリンクするセリフですね。

子供の純粋な疑問ですが、当の夏にとっては頭をガーンと叩かれたような言葉でしょう。

終わりと始まりを気にして考えたことがなかっただけに、命の終わりや始まりも含め、色々な視点を持つ大切さを教えられた気がします。

「海のはじまり」の第1話の視聴率やあらすじ・感想・ネタバレまとめはこちらの記事で詳しくご紹介しています↓

広告

第2話

海のはじまり 第2話 夏 水季
引用:X

それは受けときなよ?何かあってからじゃ遅いよ

あの産婦人科の診察。あれが怖くてがん検診のお知らせとかもポイってしてます。ー三谷彩子

それは受けときなよ?何かあってからじゃ遅いよ。ー弥生

会社の後輩・三谷彩子と弥生のトイレでの会話です。

女性は子宮頸がん・乳がんなどのがん検診があります。一見「海のはじまり」に関係のない会話に見えるかもしれませんが、脚本家の生方美久さんは、

”がん検診”に行ってほしい」ということをこのドラマを通して伝えたいと語っているのです。

明確に伝えたいことはふたつだけです。ひとつは、がん検診に行ってほしいということ。すべての人が受診できる・受診しやすい環境が整ってほしいです。

GINGER

まだ水季の死因は明らかになっていませんが、おそらく”がん”で亡くなったのではないかと思われます。

助産師の資格を持っている生方美久さんならではの、思いがこもっている作品なのでしょうね。

考えすぎちゃって言葉になるのが人より遅いだけだもんね。

言葉にするのが苦手な子だから。でもあれなの。何も考えてないんじゃないの。ー月岡ゆき子

考えすぎちゃって言葉になるのが人より遅いだけだもんね。ー月岡和也

夏の両親の会話です。

夏は母親の子供、弟・大和は父親の子供で異母兄弟です。夏の家庭も一般的な家庭とは少し変わった構成なんですね。

母親も父親も夏の曖昧な返事の理由をしっかり分かっているようです。

夏の話し始めがゆっくりなのは、考えすぎて言葉にするのに時間がかかってしまうからですね。

反対に弟の大和は、考えるより先に言葉が出るタイプのようです。

広告

この人までいなくなったら終わりみたいな。

父さんと2人暮らしだった時どうだった?ー夏

兄ちゃんがお母さんと2人だった時と同じじゃない?
この人までいなくなったら終わりみたいな。ー大和

異母兄弟である大和と夏の会話です。

お互い片親で、親同士が再婚して1つの家族になりました。

どのような経緯があって片親になったのかもまだ明らかになっていませんが、死別・価値観の違い・異性関係での離婚など、事情はそれぞれあります。

しかし、子供にとっては大和の言う通り「この人までいなくなったらどうしよう」と不安な気持ちが絶対あると思います。

大和の言葉で当時のことを思い出したのか、今の海の状況は「両親どちらもいないのだ」と改めて気づかされたようでした。

生きててくれたんだなって。

この先あの子のことをどうするかはまだ分かんないけど、でも、正直ほっとした。
生きててくれたんだなって。

自分が殺したんだって思ってたから。ー夏

海に会う前に、弥生に本当のことを説明しておきたかった夏。

水季が妊娠していたことを知っていたことも、人工中絶に同意したことも全て伝えた上で、もっと話し合わずに「おろす選択」をしたことを後悔していたことも正直に話しました。

弥生は「その頃20歳とかでしょ?珍しい選択じゃない」とフォローしているようにも見えましたが、実は弥生にも同じく人工中絶をした経験があったことが作中で分かりました。

夏に向けた言葉は、自分に言い聞かせていた言葉だったようですね。

海が生きていてくれて後悔の念から救われつつある夏と、罪悪感を抱えたまま夏にもその過去を話せずにいる弥生。

対照的で切なく、弥生が赤ちゃんのお墓に手を合わせ、供養しているシーンは胸が締め付けられるものがありました。

広告

誰の子でもそうするわけじゃないから。

もし月岡君が海ちゃんのお父さんやるってなったら、私がお母さんやれたりするのかなって。

決めるのは海ちゃんだけど、それも選択肢の中に入れてもらえたらなって。

違うからね、誰の子でもそうするわけじゃないから。ー弥生

海の母親になることを決意したことを、電話で夏に伝えた弥生。

弥生が人工中絶をしたのは8年前で、もし生まれていたら海と同じくらいの子供がいたことになります。

再度赤ちゃんに手を合わせに行った弥生は、どのような心境で決意したのかは明らかになっていませんが、海の事を人事だと思えなかったのかもしれません。

「夏と海だから」母親になる決意をした弥生は強い女性だと感じますが、これから周囲の理解を得るのに苦労や葛藤が訪れる展開になりそうです。

正解を教えるより自分の意思で選ぶことを大事にさせてあげてって。

水季からね、海にこれだけは絶対って言われたことがあるの。

海に選ばせてあげてって。

正解を教えるより自分の意思で選ぶことを大事にさせてあげてって。

手を引っ張ったり横に張り付いたりしないで、後ろから見守ってあげて欲しいって。ー朱音

海に会いに行った夏に、朱音が言った言葉です。

選ぶ・選択・選択肢」は、脚本家の生方美久さんがこの作品で大事にしているキーワードの1つです。

大人が子供のためだと思ってつい先に正解を教えてしまいがちですが、「子供が考えて選ぶ行動」は子供の考える力・自立心を確立する上で、実はとても大切なことなのだそうです。

大人が先に答えを教えてしまうと、子供は考えることを止めてしまいます。

子供の前や隣にいるのではなく、後ろから見守る姿勢が大切であることを伝えたいのかもしれません。

第1話の冒頭シーンでも、水季は海の後ろを歩きながら見守っていましたね。

「海のはじまり」の第2話の感想・今後の展開予想・視聴率についてもご紹介しています↓

広告

第3話

親って子供の何を持ってて何を知らないといけないのか。

練習っていうのは嫌だけど・・・。でも練習してください。

親って子供の何を持ってて何を知らないといけないのか。ー朱音

海と弥生と夏だけで出かける際に、朱音が夏にかけた言葉です。

朱音は念のためにと、母子手帳や健康保険証・アレルギーの有無などを伝えました。

親であれば出かける際に持参するのが一般的な常識としてありますが、夏はそのような知識を全く知りません。

「何かあった時のために何が必要なのか」「子供の何を知っておかなければいけないのか」・・・。

親としての責任」の重みを感じる一言でした。

誰が親やっても誰と暮らしても。

海ちゃんが望むことなら何でもいいんです。

誰が親やっても誰と暮らしても。ー津野

水季の同僚で、図書館の司書をしている津野が、夏にかけた言葉です。

これまで水季の代わりに保育園の送り迎えをするなどして面倒を見てきた津野にとって、夏の存在はかなり複雑なようです。

しかし、「海が望むなら誰が親をやってもいい」と本心では思っていたんですね。

血のつながりのない津野と、弥生の「自分は外野なんだって自覚しますよね」という会話も切ない気持ちになりました。

広告

悲しいもんは悲しいって吐き出さないと。

何で元気なふりするの?

水季死んで悲しいでしょ。何してても思い出してきついと思うし。

何で?泣いたりすればいいのに。

水季だって元気でいてほしいって思ってると思うけど、でも・・・。

元気ぶっても意味ないし。水季の代わりはいないだろうし。

水季が死んだってことから気をそらしたってしょうがないし。

悲しいもんは悲しいって吐き出さないと。ー夏

水季がいなくなった後も、家でも学校でも元気なふりをして、悲しい気持ちに蓋をしていた海にかけた夏の言葉です。

「悲しい時は悲しいって言っていい」と言われた海は、ようやく涙を流すことが出来ました。

小さいながらに、周りに気を遣っていたのかもしれないと思うと、健気な海の気持ちに涙が止まりませんでした。

その翌日は、学校でも無理に元気にする姿ではなく、「今はママのこと考える時間」と言って水季が好きだった鳩サブレーの絵を描く海でした。

ママとパパ1人ずつしかいないから、だからいなくならないで。

「パパいつ始まるの?」って聞いてくれたけど、始めてほしいってこと?
パパになってほしいってこと?ー夏

ううん。夏君パパやらなくていいよ。
でも・・・いなくならないで。
ママとパパ1人ずつしかいないから、だからいなくならないで。ー海

水季がいなくなり、大切な人を失ったことで、自分の前から大切な人がいなくなることに不安を抱えている海。

「パパやらなくていいけど、いなくならないで」という言葉は、海ならではの素直な気持ちが溢れていて胸が締めつけられるようでした。

水季の代わりにはなれないけど、一緒にはいれる。

認知するとか育てるとかって、そういうの簡単に決めるのも無責任な気がするし。ー夏

無責任って?ー海

分かんない。よく分かってないってことかも。ー夏

「いなくならないで」は分かる?ー海

それは分かる。分かるし・・・そうしたい。
水季の代わりにはなれないけど、一緒にはいれる。ー夏

じゃあ、いて。ー海

海の言葉を聞いた後の、2人の会話です。

「父親になる」ということを簡単に決めていいのか悩んでいる夏に対して、シンプルに「いなくならないでほしい」と言う海。

ただ一緒にいてくれたら、海はそれでいいのかもしれません。

大人からすると、戸籍の関係など色々な責任が伴う問題ではありますが、子供にとっては本当にただ「一緒にいてくれること」だけが願いなのですね。

「一緒にいる」ことを約束した夏ですが、今後「父親になるのか」どのような決断を下すのかが気になりますね。

「海のはじまり」の第3話の感想・今後の展開予想・視聴率についてもご紹介しています↓

広告

【海のはじまり】話題の名シーンもご紹介!

海のはじまり 第1話 夏 水季
引用:X

話題になった「海のはじまり」の名シーンをご紹介していきます。

夏と水季の電話のシーン

海のはじまり 夏 電話
引用:X

突然大学を辞めた水季に、夏が電話をするシーンです。そして、いきなり別れを告げた水季。

好きな人が出来たんだよね。その人のこと夏君より好きでずっと一緒に居たいんだよね。

最初は水季の優しさから、嫌われるために言ったかのように思えたセリフですが、水季のいう「好きな人」が、生まれてくる子供のことを指していたことが分かり、切なくて胸が震える名シーンとなりました。

なんらかの病気が判明し、一度はおろそうと考えた命を守ることを決意した水季。

夏のことが大好きだからこそ、迷惑をかけたくない一心で一人で産み、育てる決断をしたのかもしれません。

何も知らない夏の水季に対する困惑、驚き、怒りや心配、不安、落胆、反省などの色々な感情が、表情や声色、間の取り方などから伝わってきて、

胸がぎゅーっと締め付けられるシーンでした。

水季がどのような表情で別れを告げたのか・・・今後の物語で知ることが出来るのでしょうか。

海が夏に抱きつくシーン

海のはじまり 第2話 夏 海

第2話のラストで、外から帰ってきた海が夏を見て、会いに来てくれたことが嬉しくて思わず抱きつくシーンです。

今日ね、学校で色々あった。ー海

・・・ああ。ー夏

聞いて!ー海

ああ・・・。何があったの?ー夏

手洗いうがいしてくる。・・・いてね!そこにいてね。ー海

「聞いて!」というのは、水季がいつも学校で何があったか聞いてくれていたからですね。

自分から「聞いて!」と言ったのに、夏が問いかけると「手洗いうがいしてくる」と言って夏を振り回す様子は、水季の性格そっくりだとネットでも話題になりました。

戻ってきて「いてね!」と念を押す言葉は、第1話でちゃんと後ろからついてきているか不安で振り返る海に、水季が「いるよ」と声をかけたシーンとリンクして泣けた、という声もありました。

小さいながらに、いなくなってしまったママのように、パパである夏までいなくなることに不安を感じて戻ってきたのでしょう。

大和が言った「この人までいなくなったら終わり」という言葉ともリンクしますね。

海が夏に抱きついたシーンで、遺影の水季と親子3人揃ったことで、「さらに号泣した」という声も多く寄せられ、第2話の名シーンとなりました。

海の無邪気な笑顔がまた涙を誘います・・・。私も最後の最後で号泣でした!

海が初めて涙を流したシーン

夏に「なんで元気なふりしてるの?」

「悲しいなら吐き出さないと」と言われ、それまで蓋をしていた海の感情が露わになったシーンです。

ポロポロと涙を流しながら夏に抱きつく姿は、愛しさが込み上げてきてたまらなかったですね。

ネットでは、海ちゃんが一生懸命我慢していた姿に、涙腺崩壊する方が続出しました。

幼いながらにママがいなくなったことをしっかり理解していて、

周りに気を遣って元気なふりをしていたんだと思うと本当に健気で、つい抱きしめたくなります。

ゆい
ゆい

次回の放送が気になりますね!

「海のはじまり」の主題歌back numberの「新しい恋人達に」の歌詞の意味も考察しています↓

広告

まとめ:【海のはじまり】名言集全話まとめ!話題の名シーンもご紹介!

今回は、「海のはじまり」の名言や話題の名シーンをご紹介しました。

水季の遺した海と夏をめぐる親子の物語に、2人を取り巻く環境の変化や人間関係など、今後の展開がとても気になりますね。

考えさせられる登場人物の言葉に思いを馳せながら、この夏一番の思い出に残ること間違いなしの「海のはじまり」を見守っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました